専業主婦 キャッシング

MENU

専業主婦キャッシングなら旦那にバレずに即日融資

専業主婦のキャッシングの希望は旦那にバレずに・旦那に内緒で申込みたいですよね?

 

 

でも収入のない専業主婦では銀行以外のカードローンには申込めないのです!ガ〜ン!


 

 

じゃ銀行に申込めばいいんじゃないの?


と短絡してしまいそうですが、銀行のカードローンに申込めるのは法律的(総量規制)にOKなだけで2つの問題があります。

問題1:旦那にバレてしまう

銀行カードローンに専業主婦が申込めるのは旦那が審査され旦那の与信で借りる事ができるからです。ですので旦那がしっかり審査され時によっては

 

 

  • 旦那の収入証明が必要
  • 旦那の会社に在籍確認の電話が入る

てなことになってしまい完全に旦那にバレてしまいます

問題2:やはり専業主婦では審査に不利

法的にOKだからといって銀行が好む顧客層ではない事に変わりはありません。旦那の収入に何も問題がなくても属性だけで審査に落ちてしまう可能性もあるのです。

2つの問題を解決する銀行カードローンがあります!

 

主婦をターゲットにした小額借入枠のある専業主婦ローンならどちらの問題も解決です!


以下の専業主婦キャッシングなら主婦専用・主婦対象のキャッシングなので収入証明なし・電話連絡なしで申込めるので旦那に内緒でキャッシングできまし、主婦をターゲットにしたカードローン(借入枠)なので属性で落とされる事がありません。

専業主婦キャッシングベスト3

金利 年利 9.0%〜14.0%
限度額 10〜200万

専業主婦の借入枠は30万円までになっているので旦那の収入証明も必要なく内緒で申し込めます。じぶん銀行カードローンは専業主婦カードローンの中でも手持ちの口座に最短即日融資可能なので即日融資の可能性が一番高いので急ぎの専業主婦には最適です。
返済額も月々1,000円からと小額でauユーザーなら金利0.1%優遇されます。またないとは思いますがauユーザーで借り換え利用は更に金利1.9%〜12.5%に優遇されます。

金利 年利 2.4%〜17.5%
限度額 最高 800万円

静岡銀行カードローン セレカ

金利 年利 4.0%〜14.5%
限度額 10万〜500万円まで

パートなどで定期的収入があるならこちらでスピード主婦キャッシング

専業主婦キャッシングの即日融資では早めの申込やその銀行の口座を持っている必要があったり、無利息サービスがなかったりするので用途に困る方も多いのではないでしょうか?

 

 

パート等で安定収入があれば主婦の方でも無利息サービス・スピード融資のキャッシングが可能


上記の専業主婦でも申し込み可能な銀行のキャッシングでも即日融資は可能ですが、可能時間や条件はかなりタイトなものになっています。専業主婦なら消費者金融のキャッシングには申し込めないので銀行のキャッシングに申し込むしかないですが、パートで安定収入があるのであれば断然

 

 

即日融資の可能時間や条件が広いプロミス・アコム・モビットがいいですよ。


パートで安定収入があるのであれば即日融資の可能時間や条件が広いキャッシング

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミス

WEB完結も対応可能で誰にもバレずに申込める!
初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)があるので最初に借入してから30日無利息なので早期返済すればどんな低金利カードローンよりも利息は少なくなるのでパートで安定収入があるのならプロミスです。月々の返済額も1,000円〜とパート主婦のキャッシングにも最適。
主婦の方でも安心のレディースキャッシング(一般と同条件)も用意されていますし、即日融資の条件も整っています。

  • 即日振込・・・平日14:00までに契約完了で可能
  • 即日カード発行・・・契約完了後に自動契約機(全国多数)で可能
実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円

最大30日金利ゼロサービスがあり契約の次の日から30日無利息なので即日借りて早期返済すればどんな低金利カードローンよりも利息は少なくなるのでパートで安定収入がありすぐ借りるのであればアコムも選択肢の一つです。
主婦の方でクレジットカードを作れなかった方も安定収入があればクレジットカード審査に困っている方の味方の『アコムマスターカード』も作ることができます(アコムから電話が掛かってきた際に希望する)し、即日融資の条件も整っています。

  • 即日振込・・・平日14:00までに契約完了で可能
  • 即日カード発行・・・契約完了後にむじんくん(全国多数)で可能
実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
モビット

人気のWEB完結はパートでは利用できませんが、安定収入があるのであれば主婦でも申込めるカードローンがモビットです。
即日振込みも口座を選びませんし、自動契約機(ローン申込機)も全国にありますので銀行の専業主婦キャッシングよりも今すぐ借りたいときに有効です。

  • 即日振込・・・平日14:50までにWEB契約後に振り込み手続き完了で可能
  • 即日カード発行・・・WEB契約完了後にローン申込機で可能

※即日融資は審査結果によります

実質年率 年3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

即日キャッシングを主婦が希望するのであれば

銀行カードローンと大手消費者金融ではもちろん大手消費者金融に一日の長があります。平日の即日キャッシング状況は下図の通り。

 

 

 

ですので、

  • 収入のない専業主婦・・・平日なら早めの申込みで手持ちの口座に合った専業主婦キャッシングを選ぶ
  • パートで安定収入のある主婦・・・平日・土日祝日に関わらず大手消費者金融が有効

キャッシング業者の専業主婦キャッシングに対する考え方の違い

専業主婦はサービスのいい消費者金融を使えない!?

消費者金融といえばアコムやプロミスといった業者が有名ですが、こうしたところからキャッシングを利用するメリットは、

 

 

銀行にないサービスがある


という点にあります。とはいえ、こうしたところからキャッシングを利用するためには業者の定める審査基準をクリアする必要があります。キャッシング業者によっては、自社のホームページに仮審査を受けるためのフォームを用意しているところもあり、こうしたものを利用することで審査に通る可能性を確認することができます。

プロミスには借入診断がある

同じく消費者金融大手のプロミスの場合はホームページに「借入診断」という項目があり、ここには生年月日と年収、借入額を入力する欄があります。

 

専業主婦の場合は年収がないため、年収の欄に「0万円」と入力し診断をすると、「融資可能かどうかの診断はできません」といった内容の画面が表示されます。

アコムには3秒審査がある

アコムの場合は「3秒審査」という項目で仮審査を行っていますが、ここにはアイフルのように雇用形態を選ぶ画面や、プロミスのように年収を入力する欄はなく、ただ借入金額と生年月日を登録する欄があるだけです。

 

借入金額が0円であり、年齢が20歳以上であればほとんど100%の可能性で「融資可能と思われます」といった画面がでます。但し、プロミスやアコムの場合も専業主婦には即日融資を行っていませんので、仮審査で通ったとしても本審査に通る可能性はありません。

アイフルには1秒診断がある

たとえば消費者金融大手のひとつ・アイフルでは事前に融資が可能かどうかを確認するための「1秒診断」という項目が用意されています。この1秒診断には、生年月日と年収、雇用形態、他社からの借入金額などを入力することでアイフルで融資が受けられる可能性を確認することができるのですが、この「雇用形態」には「無職」や「専業主婦」といった項目が選択可能となっています。

 

これは、アイフルの社内規定として収入を得ていない無職や専業主婦にはキャッシングの利用ができないためであり、実際に雇用形態を「専業主婦」として診断をすると融資はできない旨の画面が表示されます。

配偶者にばれずにキャッシングを利用するには?

仕事をしていない専業主婦がカードローンを利用するためには、現在では総量規制の規定が適用されない銀行カードローンの利用が最も代表的な方法といえます。銀行カードローンでは融資の申し込みにあたり本人の収入は関係なく、

 

 

専業主婦の場合は配偶者の収入をもとに融資を行うことができます。


とはいえ、次に気になるのが専業主婦がカードローンを利用するにあたって配偶者に利用していることがばれるのではないか、という点です。事前に配偶者とも相談ができていて同意のうえでカードローンを利用するということであれば特に問題はありませんが、

 

 

主人に内緒でキャッシングしたいんだけど・・・


ほとんどの場合できれば配偶者には内緒でカードローンを利用したいと考えるものです。銀行カードローンでのキャッシングが可能となった場合には以下の点に注意することで配偶者に知られずに利用できます。

郵送物の有無を確認する

ひとつめに郵送物などの有無を確認しておく必要があります。カードローンの利用ともなれば様々な書類を銀行との間で交わすことになりますが、こうした各種書類の控えが郵送で送られてくることが考えられます。

 

 

郵送物の確認って面倒ねぇ・・・


そもそも郵送物がなければそれほど気にする必要はありませんが、もしも郵送物があるということであれば、その内容について確実に自分が受け取ることができるかどうかということは注意しておかなかればなりません。

電話連絡の有無を確認する

ふたつめに電話連絡の有無です。基本的には銀行側から電話連絡が入ることはほとんどありませんが、電話連絡を受ける際には自身の携帯電話など、確実に自分しか出ない番号を登録しておくことも大切です。

返済を滞納しないことが重要

3つめに返済を滞納しないということです。カードローンで融資を受けた金額というのは必ず返済をしなければなりません。その為、返済が滞納した場合にはそのことについての連絡が入ることになり、配偶者にも銀行から連絡が入る可能性は多分にあります。

 

 

しっかりと返済の事を考えていなかったわ・・・


そういった意味でもカードローンでキャッシングした分についてはしっかりと確実に返済を進めることが最重要課題となります。

専業主婦の為に作られたのに専業主婦には無縁の配偶者貸付とは?

配偶者貸付とは貸金業者が契約者本人に対して

 

 

配偶者と合算した年収の1/3以下迄の融資が行える総量規制の例外貸付です。


貸金業法には各個人に対して年収の1/3以下の貸付を限度と定めている総量規制がありますが配偶者貸付はその例外となります。

 

 

例えば借入を行う主婦にパートでの年収30万円あり配偶者である夫の年収が270万円の場合、合算した年収300万円÷3=100万円迄の融資を契約者である主婦に行う


ことができます。この配偶者貸付は消費者金融などの貸金業者で取り扱う事が可能となっていますが実際のところ、消費者金融ではこの配偶者貸付にはあまり積極的ではありません。大手ではまず扱っておらず、消費者金融でこの貸付を利用して借入を行う場合、

 

 

聞いたこともない消費者金融でキャッシングするのは不安だなぁ・・・


知名度のない小規模の貸金業者を利用することになります。ですがそのような業者を利用する場合、ATMが利用できないなど利便性の面で大手に劣ることが多く、また金利の面でも不利なことが多く実際には利用価値がありません。

専業主婦が選ぶべきキャッシングの選択肢とは?

その為、専業主婦が配偶者貸付を利用してキャッシングを行うのは現実的に不可能であることから銀行のカードローンを利用するしか選択肢がありません。銀行のカードローンを利用して契約する場合、本人に収入がなくても大丈夫です。なので

 

 

収入のない専業主婦でも銀行カードローンでの契約は可能です。


専業主婦がキャッシングを行える可能額は配偶者の年収に関わらず、30万円を上限と定めている銀行がほとんどです。それは契約を行うのはあくまでも収入のない専業主婦であり、少ない額であれば無理のない返済が行えると判断しているからです。

 

これは融資に対して消費者金融より慎重な銀行ならではだと言えます。しかし、配偶者貸付で契約を行う場合に必要な書類には

 

 

  • 住民票などの配偶者との婚姻関係を証明する書類
  • 配偶者の同意書

があります。ですが殆どの銀行カードローンには上記のような書類は必要でなく、特に専業主婦向けにキャッシング可能枠を少額設定している銀行カードローンの場合は配偶者の収入証明や在籍確認なしでも契約可能なところもあります。

 

このように総量規制の例外となっている配偶者貸付ですが総量規制が適用される消費者金融ではこの貸付には積極的ではない為、専業主婦がキャッシングするには総量規制が適用されない銀行カードローンを利用する方法しかないのが実情です。

更新履歴